• 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様お正月休みをいかがお過ごしですか~?

新年だから気持ちを改めるぞ!とは思ったものの、
人間、性格や生活態度がそう簡単に変わるものではありません。

結局新年から食っちゃ寝の超ダラダラ生活ですよー!
全然ダメじゃーん!(泣)

えー、私、数年前から元旦に映画館でフランス映画
見るというのを恒例行事としておりまして、
今年で5回目となりました!

2002年 アメリ(Le fabuleux destin d'Amelie Poulain)
2003年 8人の女たち(8 femmes)
2004年 女はみんな生きている(Chaos)
2005年 イブラヒムおじさんとコーランの花たち
      (Monsieur Ibrahim et les fleurs du coran)


そして今年は、灯台守の恋(L'equipier)
灯台守の恋
舞台は1960年代のフランスブルターニュ地方の小さな島。
この頃の灯台は、自動化されておらず、
灯台守という人が灯台に明かりを灯し、
灯台の中で日夜見張りをしていなければなりませんでした。
その灯台守として、他の地方からやってきたハンサムボーイ。
保守的で結束が強い島の人たちは、この男に敵対心を燃やします。
でも、そのハンサムボーイの人柄を知るにつれ、
温かく迎えてくれるやさしーい人もいた。
なのに!!!
そのやさしーい人の妻とハンサムボーイは恋に落ちてしまうのですわー

見る前にこのあらすじを知っていたので、
何か正月早々腹立つ映画かしら…なんて思っていたけど、
とっても温かい作りになっておりました。
ブルターニュの映像も、美しく暗い感じがいいですね(笑)
CGなのがもろわかりな部分もありますけれども…

このやさしーい人の心の広さに心打たれつつ、
私の1年も始まったのでありました。

映画で始まる1年もなかなかいいですよぅ!

スポンサーサイト
テーマ:鑑賞記録
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
2006年
こんにちわ。お久しぶり!
今年も又PARISに行きたいなっと思う今日この頃。
特にフランス政府観光局のパリから先のフランスへっていうの見ると「はい 行きます!」って思ってしまいます。
こんな私ですが今年も宜しくお願いします。
2006/01/03(Tue) 22:33 | URL  | paririn #7r4xH7r6[ 編集]
今年もパリ!
☆paririnさん☆

おお!paririnさんだ~!!!
お久しぶりでございます。

もちろん、私も今年もパリに行きたいですよー。
…いやいや、行きますよ~!!!
フランス政府観光局のはCMですか?
うーん、見たことないです。見たいなぁ…
今年はパリプチ留学を計画中です。
その時にパリでparirinさんにお会いできたら
ステキですね!
夢だけじゃなく叶えましょ~
そしたら、スイーツ巡りに付き合ってくださいね(笑)

こちらこそ、パリ好き仲間として今年もよろしくお願いしまーす!
2006/01/04(Wed) 03:00 | URL  | ami #nD4vuAl2[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。